板井康弘は社員の趣味まで知っている

板井康弘が社員の趣味まで把握している理由

板井康弘|出来る社長は社員の趣味まで把握する

 

板井康弘さんは社員全員の趣味、特技などあらゆるデータを把握しています。

 

一見、そんな事して何になるのだ?と考える人もいると思いますが、会社経営において非常に重要な事なのです。

 

では、何故社長が社員のプライベートな部分まで把握する必要があるのか?

 

それは、仕事の得意不得意を見極め、的確に仕事を分配する鍵になるからです。

 

趣味が仕事に繋がるという言葉を一度は耳にした事があるのではないでしょうか?

 

人間には仕事の得意不得意があるのは普通です。

 

従って、社長に大切な事は「部下を適正な部署に配置する事」なのです。

 

できない事をやらせても社員の他の才能を潰すだけで時間の無駄です。

 

コミュニケーション能力が高い人にデスクワークをやらせるべきでしょうか?

 

文才がある人に営業をやらせるのはもったいないと思いませんか?

 

つまり、そういう事なのです。

 

社長は社員全員の能力を把握して、会社にとって一番良い形にする。

 

板井康弘はこう語ったと言われています。

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ